2017年05月30日

労働力人口

人口(20歳〜69歳、1番目の図)は減っているのですが、労働力人口はここ数年増えています(2番目の図)。
修正生産年齢人口.png
労働力人口png.png

25〜44歳の女性の就業率が上がっているのが、大きな要因です(下図)。要は、結婚や就職を期に退職する人がどんどん減っているということです。ここ10年くらいの傾向です。
女性就業率.png

ただ、下の人口推計からも分かりますが生産年齢人口(通常は15〜64歳、この記事では20〜69歳)どんどん減っていきますので、若い女性の就業率の上昇傾向が続いても労働力人口がいずれ下降トレンドに入るのは避けられません。
修正生産年齢人口2.png
posted by rhasumi at 14:50| Comment(0) | 日記

2017年05月25日

ムーディーズが中国国債を格下げ

Aa3からA1に一段階引き下げ。同社による中国格下げは1989年以来だそう。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-05-24/OQFMIL6S972H01

ちなみに、日本国債もA1。
http://www.bb.jbts.co.jp/marketdata/marketdata01.html
長期金利は、インフレ率(CPI伸び率)が上がってこないせいか、金融政策(長短金利操作付き量的・質的金融緩和)のせいか、マイナスは脱していますが0.0%台で安定しています。
posted by rhasumi at 10:44| Comment(0) | 日記

2017年05月19日

四半期別GDP速報(17年Q1)



5/18日に四半期別GDP速報(17年1-3月期・1次速報)が出ました。17年1-3月期の実質成長率は前期比0.5%、推移は下図の通りです。シャドーは景気後退期です。
gdp2017_05.png

5四半期連続プラス成長というので、通常はやりませんが、94年Q2から(DI的に)プラス成長は1、マイナス成長は-1として和をとった系列を作成してみました(下図)。
gdp2017_05b.png
成長率そのもののグラフからわかるのですが、4半期の成長率は上がったり下がったり、ジグザグしています。2つ目のグラフからは、全体としてはプラス成長が多いけれども、プラスが連続することもマイナスが連続することも多くないことがわかります。
posted by rhasumi at 20:12| Comment(0) | 日記